Googleアシスタントのアプリ開発・制作(Googlehome)

Googleアシスタントのアプリ開発・制作(Googlehome)とは

Google Home(Google Assistant)アプリでは音声ユーザーインターフェース (VUI)により、スマートスピーカーを介して音声サービスをGoogle Homeアプリの開発によって提供することができます。Googleが提供するGoogle HomeやGoogle Home minを通してクラウドベースの音声サービスの開発・導入支援を行います。

Google Home(Google Assistant)アプリとは?

Googleアシスタントの場合、スマートスピーカーであるGoogle Home以外にもAndroid5.0以降のスマートフォンにも標準装備されています。また、iPhoneでも「Googleアシスタント」のアプリをダウンロードすれば利用ができので、 多くのユーザーに対してサービスを展開することができます。

Google Homeの種類

日本ではGoogle アシスタント搭載のスマートスピーカーは「Google Home」 と「 Google Home Mini」の2種類が販売されています。

 

・Google Home

14,000円/ハイエクスカーションスピーカー/直径96.4mm高さ142.8

着せ替え可能でやや丸みを帯びたデザイン性の高い種類。日本ではデフォルトのグレーに加えて、黒と赤の3パターン。Google Home Miniと比べると音質は良い。

 

・Google Home Mini

6,000円/360°サウンド/直径98mm高さ41.9mm

平らなボタンのような外観でかなりコンパクト。USBでの給電が可能なのでPCのディスプレイの傍でも気軽に使うことができる。

 

・Google Home Max

$399/2つの4.5インチハイエクスカーションウーファー/幅336mm高さ190mm

最もシンプルなデザイン。Google Home4個分弱の大きさで、スピーカーの代用品として使う場合に最適。日本での発売は未定。

Google Assistantアプリができること

「OK Google、〇〇して」「ねぇグーグル、〇〇して」の音声操作で様々な操作を行うことができます。Googleが提供する他サービスとの連携が標準で備わっているため、例えばChromecastに対して動画の再生などの操作ができるなど、拡張性が非常に高いです。
また、スマートホーム デバイスを購入することで、家の中にあるあらゆる家電を操作することができます。

Google Assistantアプリの開発

Googleアシスタントの開発は、サードパーティ デベロッパー向けの開かれたプラットフォームのActions on Google を利用して開発することになります。

単純な音声操作から、Googleが持っている自然言語処理アルゴリズムを用いたユーザーとの双方向の会話によるコンテンツを作成することが可能です。

Google Assistantアプリの強み

他の音声アシスタントよりも音声認識の精度が優れているため、長文や細かな音声操作が可能になります。
また、Android端末に標準装備されているので、スマートスピーカーを持っていないユーザーに対してもサービスが提供できるため、幅広いユーザーに対してサービスを届けることが可能です。特に最近ではテレビCMが多く、ユーザーの認知度が高まっています。

《Google Assistantアプリの開発・制作支援に関するお問い合わせは下記からご連絡ください》

contactこのサービスについて問い合わせる