DOOH × 音声広告

デジタル屋外広告と音声メディアの連携配信ソリューション

「DOOH × 音声広告」とは?

デジタル屋外広告(DOOH広告)では、一部の広告枠において広告配信システム(DSP)からプログラマティック(運用型)広告として買い付けを行うことができます。またそれにより、データと連携させることでエリアやユーザーデータによるターゲティングや最適なクリエイティブの配信を行うことが可能となっています。

一方のデジタル音声広告は、SpotifyやAmazon Music、Youtube Musicなどの定額音楽サービスや、radikoに代表されるインターネットラジオサービスで配信される音声の広告であり、音声アプリの広告枠ではデータを使った広告のターゲティング配信が可能です。

本プランでは、デジタル屋外広告(DOOH広告)の広告配信時のデータを、音声メディアに配信されるデジタル音声広告のデータと連携させることで、外出先の屋外広告と、耳元で流れる音声広告を連携させた広告配信を実現します。

外出先で広告リーチできる2種のデジタル広告を連携

デジタル屋外広告(DOOH広告)とデジタル音声広告は、いずれもスマートフォンの画面を見ずに接触する広告であり、移動中などの外出先のシチュエーションと相性がよい広告手法です。この2つの広告フォーマットを連携して広告配信を行うことで、外出先での広告実施の相乗効果が期待できます。

また、デジタル屋外広告(DOOH広告)は”動画”による視覚主体の広告フォーマットであり、一方のデジタル音声広告はイヤホンからの”音声のみ”の広告フォーマットであるため、「視覚」と「聴覚」それぞれへの訴求を補完するような広告活用が可能です。

デジタル屋外広告(DOOH広告)とデジタル音声広告の連携例

1.位置情報履歴を活用したターゲティング配信の連携

デジタル屋外広告(DOOH広告)では、広告配信を行うサイネージとスマートフォン端末のユーザーデータを連携させ、位置情報履歴を用いて対象ターゲットが閲覧圏内に入ることが多いサイネージに広告配信を行うことができます。

一方のデジタル音声広告も、位置情報履歴に基づいたターゲティング配信を行うことが可能なため、同一のターゲット層に対して屋外広告と音声広告を同一地点に絞って広告出稿を行うことができます。
また、音声アプリ媒体でユーザーデータに基づいたオーディエンスターゲティングを行う事も可能です。

2.天候、気温、日時などのシチュエーションによって再生広告が連動して変化(ダイナミッククリエイティブ)

デジタル屋外広告(DOOH広告)とデジタル音声広告では、それぞれの広告配信時のその地点の天気、気温、日時情報(昼夜、曜日)といったシチュエーション変動にあわせて広告配信するクリエイティブを変化させることが可能です。
これにより、外出先のユーザーに対して最適化され、共感度の高い広告訴求を実現することができます。

デジタル屋外広告(DOOH広告)&音声広告の配信結果レポートと
ブランドリフト調査による効果検証も可能

本サービスでは、デジタル屋外広告(DOOH広告)とデジタル音声広告を一元管理し、レポーティングします。

デジタル屋外広告(DOOH広告)では、データを用いて広告を配信した各都市の1ディスプレイあたりのリーチ人数と視認率を算出し、推計の広告インプレッションとしてレポーティングを行います。またデジタル音声広告でも広告が聴かれた回数をインプレッション数としてレポーティングが可能です。

あわせて、デジタル屋外広告(DOOH広告)、デジタル音声広告ともに、広告接触者への「ブランドリフト調査」を通じて、広告効果を定量的に見える化することも可能です。

DOOH×音声広告の導入をご検討の
企業様、以下からお問い合わせください。

媒体資料のダウンロードはこちら 具体的な案件のお問合せはこちら