News

ニュース

ブラインドサッカー協会公認Alexaスキル「ブラサカ」の制作支援を行いました

お知らせ

株式会社オトナル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:八木 太亮、以下「オトナル」)は株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、以下「アイリッジ」)と共同で、日本ブラインドサッカー協会公認Alexaスキル「ブラサカ」の制作支援を行いました。

 

ブラインドサッカー公式アプリ「ブラサカ」

©JBFA/Wanibe

 

本取り組みでは、健常者・視覚障がい者双方に向け、ブラインドサッカーの認知拡大と2019年3月19日(火)から3月24日(日)にかけて開催される、ブラインドサッカー ワールドグランプリ 2019の集客獲得を目指しています。

 

今回、視覚に障がいを持つ人にとって「動くことの自由とその喜び」を感じる機会を生み出し、一層の充実感を持った生活を実現するスポーツであるブラインドサッカーの認知を広めるツールとして、視覚に障がいを持つ人の利便性や可能性を広げられるデバイスとしても注目されているスマートスピーカーが選ばれ、オトナルが提供する、プロアナウンサー・ナレーターによるスマートスピーカー向け音声コンテンツ制作サービス「クラウドスタジオ」の滑らかなナレーションとアイリッジが提供するノンプログラミングスキル制作ツール「NOID(ノイド)」を利用したAlexaスキルが制作されました。

 

公開されたブラサカスキルは誰でも無料で視聴可能で、対応デバイスに「アレクサ、ブラサカを開いて」と呼びかけると、昨年の第1回ワールドグランプリの試合ダイジェスト動画と一緒に、ブラインドサッカーのルールや見どころについての紹介ナレーションを聴くことができます。なお本スキルはディスプレイ非対応デバイスで視聴される方や目の見えない方も音声のみで楽しんでいただくことが可能です。

 

ブラインドサッカーとは
視覚障がいを持った選手がプレーできるように考案された5人制サッカーのことです、ゴールキーパー以外のプレイヤーは全盲あるいはほぼ全盲の選手で構成されます。個々人の見え方の違いによる不公平をなくすため、目にはアイパッチとアイマスクを装着し、完全に視覚を閉じた状態でプレーします。そのため、転がると音の鳴る特殊なボールを使用したり、ゴールの位置や距離、角度、シュートのタイミングなどを声で伝える「ガイド」と呼ばれる役割の人がいるなど、選手が「音」や健常者とのコミュニケーションを通じて状況判断できる工夫がされているのが特徴です。

 

「ブラサカスキル」利用方法
スマホのAlexaアプリ、またはAmazon Alexaスキルストアで「ブラサカ」と検索してブラサカスキルを有効化し、Alexa対応デバイスに「アレクサ、ブラサカを開いて」と話しかけることで利用できます。
Alexaスキルストア「ブラサカ」はこちら

 

クラウドスタジオとは
オトナルの提供するクラウドスタジオは、国内初のプロアナウンサーによるスマートスピーカー向け音声&広告コンテンツ制作サービスです。スマートスピーカー標準のぎこちなく聞き取りづらいAIの読み上げではなく、所属するプロアナウンサーの滑らかな発声でコンテンツを読み上げることで、音声機能としてのユーザービリティ向上が可能になります。
メディアコンテンツの記事テキスト読み上げ、音声広告コンテンツの制作、カスタムスキル開発時の音声データ制作に幅広く対応。Amazon Echo、Google Home 、LINE Clovaの各社サービスで作成可能です。
クラウドスタジオのサービス詳細はこちら

 


記事検索