Blog

オトナルブログ

【初心者にもわかりやすい】YouTube音声広告の解説

音声メディア・音声広告
デジタル音声広告 for リターゲティング

【初心者にもわかりやすい】YouTube音声広告の解説

YouTube音声広告が日本で開始

Googleが提供する動画共有サービス「YouTube」と音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」への音声広告「YouTube Audio」が日本で開始されました。2020年11月17日、Googleは海外向けにYouTubeオーディオ広告(β版)の提供をはじめ、日本では2021年2月より、一部の企業でそのβ使用することが可能になりました。

Youtubeの音声広告とは?配信方法や効果検証手法も解説

YouTube音声広告の特徴

YouTube Musicには、7,000万を超える公式トラックがあり、豊富な楽曲が存在します。また、世界的に高いシェアを誇るプラットフォーム、YouTubeでの音声広告配信は、国内・海外ともに広いユーザーへのリーチをすることができます。

YouTube音声広告では、YouTubeとYouTube MusicのPC、モバイル、タブレットの広告枠に音声広告を配信できます。

Youtubeの音声広告とは?配信方法や効果検証手法も解説

音声広告配信時に表示される画面には、クリック可能な「静止画」か「静止画ベースの動画」の2種類があります。そのため、音声広告と同時に広告のCTRの計測を行うことも可能です。

音声広告の入稿フォーマット

広告素材は15秒以下のmp4で入稿が可能です。クリック可能な画面クリエイティブのサイズは動画広告と同様16:9が推奨されています。動画入稿のように音声と画面を一体にして入稿するという特徴があります。

YouTube音声広告でできること

ターゲティングによってパーソナライズ化された広告配信

ユーザー属性、キーワード、カテゴリー、ユーザーの興味・関心、エリア、デバイスなどで
ターゲティングを行い、それぞれのユーザーにマッチした広告配信ができます。広告主は、商材や広告キャンペーンに最適な広告配信を行うことが可能です。

Youtubeの音声広告とは?配信方法や効果検証手法も解説

複数の方法で広告配信の効果検証が可能

YouTube音声広告配信後に、ブランドリフト調査、リッスンスルーコンバージョン(間接CV)、来店コンバージョン(地点CV)など、商材にあわせた方法で効果検証が可能です。クリエイティブやターゲティングのABテストなどで広告効果を可視化し、運用改善を行うことによりその効果を最大化できます。

Youtubeの音声広告とは?配信方法や効果検証手法も解説

YouTube以外の複数の音声メディアの音声広告枠へ連携配信も

DSPを使用したYouTube音声広告配信では、YouTube音声広告以外の音声メディアの音声広告枠(Spotify音声広告、radikoオーディオアド、ポッドキャストオーディオアドなど)への配信と合わせて配信し一括でレポーティングすることができる点も特徴です。

Youtubeの音声広告とは?配信方法や効果検証手法も解説

YouTube音声広告の効果

ユーザーが画面から目を離したり、バックグラウンドでコンテンツを再生している場合でも、効果を発揮する音声広告ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

音声広告の強みのひとつに、「ブランディング性能の高さ」が挙げられます。Nielsen Media Labが2017年に公開した調査結果では、Spotifyオーディオアドでは一般のウェブサイトのディスプレイ広告に比べて、ブランド想起が24%、関心・購買意欲が2倍、広告理解が28%上昇したという調査結果が出ています。

Youtubeの音声広告とは?配信方法や効果検証手法も解説

実際にYouTubeが測定した数か月にわたる音声広告のテスト配信でも、実施したキャンペーンの75%以上が、ブランド認知度を大幅に上昇させました。

In our months of alpha testing, we found that more than 75 percent of measured audio ad campaigns on YouTube drove a significant lift in brand awareness.

参照元:OFFICIAL BLOG – Google Ads & Commerce「Audio ads on YouTube expand reach and grow brand awareness」

YouTube音声広告の海外事例

海外では既にYouTube音声広告の出稿事例があり、広告主が実施したキャンペーンで、上述した広告効果が具体的な数値として現れています。

事例1:アメリカの写真会社「Shutterfly」

初期の試行段階で音声を使用して広告配信を行ったShutterflyは、ターゲティング等を活用し、興味関心を持つ可能性の高いユーザーに訴求したことで、広告想起が14%上昇、ターゲットオーディエンスの好意は2%上昇する結果を得ました。その際に使用した実際のクリエイティブが公開されています。

事例2:スペインの自動車メーカー「SEAT」

SEATは既存の音声クリエイティブをYouTubeでも再活用して、「イビザFR」という車のモデルを訴求するキャンペーンを実施しました。YouTube音声広告のターゲティングを使用して、テクノロジーやソーシャルメディアに親しみのある層や、自動車市場に関心のある層にリーチに広告配信を行いました。結果として、SEATは広告想起を21%上昇させ、ブランディングの向上に成功しています。

参照元:Think with Google – Marketing Strategies「Why marketers should care about the music industry’s latest transformation」

さらに詳しく知りたい方へ

日本でも提供が開始されたYouTube音声広告。
より詳細なYouTube音声広告の内容を知りたい方は、『YouTube音声広告』から無料で資料ダウンロードいただけます。また広告商品概要はYouTube音声広告「YouTube Audio」でもご紹介しています。


Spotify音声広告配信サービス
 

このテーマに関するよくある質問はこちら

YouTube音声広告とは何ですか?

YouTubeとYouTube MusicのPC、モバイル、タブレットの広告枠に配信できる音声広告配信サービスです。

YouTubeでのデジタル広告はどのように配信ターゲティングを行うことが出来ますか?

ユーザー属性、キーワード、カテゴリー、ユーザーの興味・関心、エリア、デバイスなどでターゲティングを行い最大15秒の音声広告の配信が可能です。

YouTube音声広告の出稿事例はありますか?

アメリカの写真会社「Shutterfly」やスペインの自動車メーカー「SEAT」を始めとして、海外では既にYouTube音声広告が出稿されています。

YouTube音声広告の掲載費用は最低でもいくらかかりますか?

最低出稿金額はございません。ご予算に合わせた広告出稿が可能です。

デジタル音声広告についての
資料を無料ダウンロード

デジタル音声広告ではABテストやターゲティング
などデータドリブンな音の広告運用が可能です。

・spotifyオーディオアド運用
・デジタル音声広告の市場規模
などの資料を無料でご提供しています。