News

ニュース

オトナル、英国NumberEightと音声アプリで国内独占契約。アプリ事業者向けに、AIを活用してリスナーのリアルタイムなシチュエーションを推定するSDKの提供を開始

プレスリリース
デジタル音声広告 for リターゲティング

〜音声アプリ上のデータをAIが解析し、リスナーのシチュエーションを把握。最適な音声広告を配信〜

株式会社オトナル(本社:東京都中央区/代表取締役 八木太亮、以下オトナル)は、英国発アドテクノロジー会社NumberEight Technologies Ltd.(本社:イギリス/CEO: Abhishek Sen、以下NumberEight)と音声アプリを対象とした日本国内における独占販売契約を締結し、『NumberEight』の販売を開始しました。これにより企業が運営する音声アプリにおいて、リアルタイムでAIを活用してユーザーの行為を解析し、広告の費用対効果を最大化できます。

オトナル、英国NumberEightと音声アプリで国内独占契約。音声アプリ事業者向けに、AIを活用してリスナーのリアルタイムなシチュエーションを推定するSDKの提供を開始

本取り組みの背景

これまでのインターネット広告では、ユーザー個別の行動や興味関心をもとに広告をターゲティングする配信手法が一般的に活用されてきました。一方で、リアルタイムに情報を取得し活用するにはいくつかの課題が存在していました。

現状の広告ターゲティングの多くは、ターゲティングをユーザーの過去データや行動履歴をもとに行うため、「何に興味をもっているか」というデータで広告配信をすることはできますが、リアルタイムなユーザーの行動と広告が紐付いておらず、「いま何をしているのか」といったシチュエーションを考慮した広告コミュニケーションは実現できていませんでした。
また近年ではユーザーの個人情報保護への意識が高まっており、プライバシー保護の観点からユーザー自身が行動データのトラッキングをオフにする傾向が強まっています。
これらの背景から、リアルタイムなユーザーターゲティングの実現にはハードルがありました。

上記の理由から、ユーザーのプライバシーに配慮しながら、より最適な広告ターゲティングを行う方法が求められています。

NumberEight(ナンバーエイト)について

NumberEightは、ユーザーのリアルタイムなシチュエーションをAIを活用して解析するユーザー行動解析SDK(ソフトウェア開発キット)です。スマートフォンやタブレット端末の内部センサーデータ及び情報を用いてサービス利用者のデータを解析することで、75以上のオーディエンスタイプ(興味関心・趣味嗜好等)と200以上のシチュエーションタイプ(行動種類)に分類します。音声アプリを運営するパブリッシャーは、同サービスによる分析結果から得られるシチュエーションタイプを、アドサーバーやSSPと連携することでユーザーのリアルタイムなシチュエーションに最適な広告を配信することが可能になります。
NumberEightを活用した実際の事例では、広告主のユーザーターゲティングにおける精度(アドレッサビリティー)が5倍に向上し、広告在庫のCPM(Cost Per Mile)が最大化することでパブリッシャーの広告収入が30%増加しました。

オトナル、英国NumberEightと音声アプリで国内独占契約。音声アプリ事業者向けに、AIを活用してリスナーのリアルタイムなシチュエーションを推定するSDKの提供を開始

NumberEightで実現できるユーザーシチュエーション分析

1)【ターゲティングの最適化】高度なアプリユーザーのシチュエーション推定

スマートフォンやタブレットの内部センサー及び端末内の情報を用いることで、75以上のオーディエンスタイプと200以上のシチュエーションを推定し、詳細な分類が可能になります。

◯シチュエーション分類の例
端末内のセンサーデータを利用し、行っている行動を判別できます。例えば、「在宅勤務中」の場合、時間帯や端末の位置などを使用し、在宅勤務中であることを推定します。

  • 移動状況(「サイクリング中」や「電車移動中」、等)
  • 飲食中
  • リアルタイムな天候
  • 在宅勤務中

◯オーディエンス分類の例
NumberEightでは、ユーザーの行動を解析し、データに基づいて判断されたオーディエンスタイプで分類することもできます。例えば、「コーヒー愛好家」というオーディエンス分類の場合、週に複数回カフェを訪ねるユーザーであるというデータをもとに判断されます。

  • コーヒー愛好家
  • 早起きを習慣とする人
  • スポーツショップを訪ねるのが好きな人

2)【インサイト分析】利用者の解析だけでなくアプローチ方法まで明確化

NumberEightはユーザーをオーディエンスタイプ(興味関心・趣味嗜好等)で分類し、そのオーディエンスの特徴を提示します。

NumberEightによって提示されたオーディエンスの特徴を利用することで、「このオーディエンスはこのような商品が好き」であるというインサイト・情報が提供され、広告主はアプリ利用者への最適なアプローチを明確にできます。

3) アプリ上でユーザーが取った特定の行動を「マーク」し、さらに詳細なターゲティング分析を実現

アプリの広告枠の最適化のために、「動画再生開始」や「音声コンテンツの聴取を途中でやめてアプリを閉じた」などのアプリ内の行動に対して「マーク」というイベント設定を行うことができます。「マーク」をつけることで、NumberEightが提供する他のデータと組み合わせてユーザーにアプローチする新しい方法を見つけることができます。

個人情報・プライバシーに配慮しながらハイレベルなシチュエーションデータを活用可能

NumberEightはスマートフォン端末で利用者の分析を完結することができるため、ユーザーを特定できるID(個人情報)に触れません。

独自AI解析で端末内のセンサーを分析することにより、利用者のシチュエーションとオーディエンスタイプをIDと紐付けずに端末の情報から推定できます。

これにより個人情報・プライバシーに配慮しながらハイレベルなシチュエーションデータの活用が可能になります。
その一方で、音声アプリを運営するパブリッシャー側では、NumberEightのデータをアプリ側のファーストパーティーデータに加えることで、広告配信をより強化できます。
NumberEightは、すべてのユーザーのプライバシーを尊重し、PII(Personally Identifying Information=個人を特定できる情報)およびIDを渡さずに、利用者に適した広告配信を実現します。

オトナル、英国NumberEightと音声アプリで国内独占契約。音声アプリ事業者向けに、AIを活用してリスナーのリアルタイムなシチュエーションを推定するSDKの提供を開始

NumberEightの活用方法

1)音声広告配信時のシチュエーションデータ活用

デジタル音声広告のメリットのひとつは、なにか別のことをしながらコンテンツに触れる”ながら聴き”をしているユーザーに広告配信を行えることです。NumberEightのシチュエーションデータを広告ターゲティングに活用し、ユーザーの状況を俯瞰的に捉えた広告配信を実現することで、音声広告の効果を最大化できます。

オトナル、英国NumberEightと音声アプリで国内独占契約。音声アプリ事業者向けに、AIを活用してリスナーのリアルタイムなシチュエーションを推定するSDKの提供を開始

2)より高度なユーザーデータ解析によるアプリUI/UXの改善

NumberEightのAIによるデータ解析により、200以上のシチュエーションと75以上のオーディエンス種類に推定・分析できます。このシチュエーションデータやオーディエンスデータをアプリの利用分析に活用することで、アプリユーザー像の解像度をより高め、アプリの改善に活用できます。

オトナル、英国NumberEightと音声アプリで国内独占契約。音声アプリ事業者向けに、AIを活用してリスナーのリアルタイムなシチュエーションを推定するSDKの提供を開始

3)音声アプリ以外の全カテゴリーのアプリへの導入が可能

NumberEightのSDKは、どのカテゴリーのアプリにも導入できます。

音声アプリ以外にも、ゲームやニュース、娯楽(漫画アプリなど)、SNS、コミュニケーションに関するアプリにも「NumberEight」を導入可能です。

本件に関するNumberEight Technologies LimitedのCEO Abhishek Senのコメント

リスナーのシチュエーションに応じてコンテンツ配信ができると、その効果を最大化できます。音声コンテンツは、非常にユニークなコンテンツフォーマットです。様々なデバイスで、ときには背景BGMとして、ときには集中して聴くメインコンテンツとして、音声コンテンツは1日を通して再生されています。そのためアプリ運営者は、音声広告やプレイリストのレコメンデーション、システムによる動的なUI変更などの状況に応じたUXで、継続的に驚きと喜びを与えられるような高いユーザー体験を提供できます。

また、広告主様はこれまで、適切なメッセージを、適切なオーディエンスに、適切なタイミングで配信することを夢見てきました。それはもう夢ではありません。

オトナルとの戦略的提携によって、日本の音声アプリを運営するパブリッシャーは、シチュエーションデータを用いたターゲティングと正確性の高いユーザーの行動解析を通して、広告による収益化を最大化することができます。ユーザー情報を特定するIDを使用せずに、プライバシーを配慮しながら消費者にとってリアルタイムでもっとも最適な広告配信が可能になります。

日本はNumberEightにとっても主要市場であり、オトナルという日本の音声広告をリードするパートナーと共に、最先端のシチュエーション行動解析ソリューションを日本の音声パブリッシャーと、広告主に提供できることを非常に嬉しく思います。

When content is delivered based on the listener's current context, its effectiveness is maximised. Audio as we all know is a very unique format where content is consumed throughout the day, across different devices, in the background and foreground. This gives audio publishers the opportunity to continually surprise and delight listeners with contextual experiences - be it through ads, playlist recommendations or dynamic user interface changes.

Advertisers have always dreamed about the possibility to deliver the right message to the right audience and at the right moment. No more dreaming.

Through our strategic alliance with Otonal, Japanese audio publishers will be able to maximise the value of their ad inventory through in-moment targeting opportunities and unbiased behavioural data. This allows audio advertisers for the first time to be able to reach relevant audiences in the moments that matter most without any reliance on PII or identifiers - a privacy-by-design solution.

Japan has always been a key market for NumberEight and we’re very excited to be working with a market-leading partner as Otonal and bring our best-in-class mobile contextual solution to Japanese audio publishers and advertisers.

本件に関するオトナル代表取締役 八木太亮のコメント

NumberEightではリアルタイムでユーザーの行動を解析でき、ユーザーのプライバシーに配慮した形でより良い広告を配信することができます。

音声コンテンツは、動画やウェブのコンテンツと違い、”画面を見なくても楽しむことができる”という特徴を持つため、多くの場合「ながら聴き」という別の行動をしながらコンテンツに触れられるのが特徴です。

同サービスのリアルタイムのシチュエーション分析とターゲティング広告活用は、この音声広告の最大の特徴である「ながら聴き」のコンテンツと広告の特性を最大限に引き出すものです。

NumberEightのテクノロジーを活用することで、音声アプリはユーザーにとっても広告主にとっても有効な広告体験を実現することができます。
今回のNumberEightとのパートナーシップは、日本国内における音声広告市場の発展のための大きな発展につながると感じています。

今後ともオトナルでは、音声広告のテクノロジーと新たな取り組みを通じて音声広告の市場の活性化を目指すとともにクライアント企業の利益の最大化に努めていきます。

NumberEight Technologies Ltd.について

NumberEightは、端末内データの収集・分析によって活用できていないファーストパーティーデータに新しい命を吹き込み、モバイルのターゲティングや行動解析の可能性を押し広げるアドテクノロジー会社です。
同サービスのプラットフォームを活用することで、アプリ提供社または広告関連会社はユーザーのシチュエーションと行動データをもとにした価値の高い情報を活用することができるようになります。NumberEightに搭載されている最先端のAIにより、端末内のセンサーを活用したユーザーのライブコンテキスト(ex.ランニング中や通勤中などのリアルタイムな行動)を解析し、オーディエンスに分類します。全ての分析がデバイス内で行われるため、プライバシーに配慮したソリューションを提供できます。

株式会社オトナルについて

株式会社オトナルは、デジタル音声広告事業を展開する”デジタル音声広告カンパニー”です。
クリエイティブ×データ運用を得意としたデジタル音声広告のエージェンシーとして、国内において800件以上の音声広告プランニング実績と、200件以上の音声広告施策の実行をサポートしてきました。
音声×マーケティング施策をトータルサポートできる体制により、データ活用による音声広告のプランニングから、ナレーターや声優によるクリエイティブ制作、広告配信、レポーティング、音声コンテンツ制作を支援します。
また音声のアドテクノロジー提供を通じて、音声アプリやラジオ局などへのデジタル音声コンテンツの実装サポートを行い、新たな音声メディア・音声広告枠の開発にも取り組んでいます。
オトナルは、デジタル音声広告と音声コンテンツに特化したマーティング&メディアカンパニーとして、音声ソリューションの開発・提供を通じ、国内における音声広告市場の発展をミッションとしています。

<会社概要>
【株式会社オトナル】
代表取締役:八木 太亮
所在地:東京都中央区入船3-9-2 佐久間ビル 4F
事業内容:デジタル音声広告の広告販売、音声パブリッシャー向けアドテクノロジー実装、データ開発支援、音声コンテンツの広告制作、音声コンテンツ配信支援事業
URL:https://otonal.co.jp/

リアルタイムなシチュエーションをAIで解析するユーザー行動解析SDK『NumberEight』

広告出稿をご検討の広告主様、広告代理店様はこちらからお問合せ下さい。


Spotify音声広告配信サービス
 

音声メディアへの出稿にご興味がある方はデジタル音声広告資料一覧をご覧ください。

デジタル音声広告についての
資料を無料ダウンロード

デジタル音声広告ではABテストやターゲティング
などデータドリブンな音の広告運用が可能です。

・spotifyオーディオアド運用
・デジタル音声広告の市場規模
などの資料を無料でご提供しています。