Blog

オトナルブログ

音声コンテンツが急成長!?音声メディアが切り開く音声市場

音声メディア・音声広告
デジタル音声広告 for リターゲティング

音声コンテンツ&音声メディア一覧と音声市場

音声メディアや音声コンテンツというとどんなものを思い浮かべるでしょうか。インターネットの普及や音声デバイスの発展にともないネットを介して音声コンテンツを配信するデジタルの音声メディア・音声コンテンツが世界的に成長しています。

この記事では、音声メディアと音声コンテンツ、そして音声市場についてわかりやすく解説していきます。

音声メディア・音声コンテンツとは?

旧来のマスメディアではラジオが音声メディアの代表格でした。

音声メディア・音声コンテンツとは、文字通り音声で発信できるメディアを指します。この言葉だけだとラジオも厳密には含まれますが、インターネットの音声メディアを指すことが多いです。
また音声配信サービス、ボイスメディア、音声コンテンツなどと呼ばれることもあります。

デジタル音声メディアとは、Webサイトやスマートフォンアプリなどで聴くことのできる音声コンテンツサービスやサイトのことです。
音のメディアとしてまず頭に浮かぶのは一般的な電波をアンテナから受信して聴くことのできる地上がラジオですが、インターネットの音声メディアは地上波ラジオを差別化する意味で「デジタル音声メディア」などと呼ばれます。

著書:『いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎(インプレス)』より

デジタルの音声メディアの具体例では、インターネットラジオやポッドキャスト、オーディオブック、音声アプリなどと言った具合に、音声メディアと一口に言っても多くのサービスが該当します。

最近では、Clubhouse(クラブハウス)への注目が記憶にあたらしいかと思います。このインターネットを介したデジタルの音声広告市場はスマートスピーカーの台頭や音声サービスの多様化により、今後もさらに盛り上がりを見せることが予想されます。Clubhouseなどに代表される『音声SNS』はそのような新興系音声コンテンツの一つです。

音声メディア・音声コンテンツの分類

音声メディアや音声コンテンツはいくつかの分類に分けられます。ラジオ局や出版社などの媒体社が運営するものから、誰でも配信できるネットラジオのような形をとるものもあります。

日本国内の音声サービス(音声メディア・音声コンテンツ)の種類と分類

分類1.音声コンテンツサービス(音声メディア)

音声メディア(radiko、らじこらじる、ラジオクラウド)

音声コンテンツサービス(音声メディア)は、ラジオ局に代表される媒体社が配信するようなプロのつくる音声サービスです。代表格はIPサイマルサービスやインターネットラジオと呼ばれるラジオのコンテンツ聴けるサービスが代表的ですが、最近では、出版社や進行の音声コンテンツの会社がオリジナルの番組を聴けるアプリにて音声配信を行っていることもあります。

インターネットを通してパソコン、スマートフォン、スマートスピーカーなどのデバイスで聴くことができ、無料で楽しめるものも多いです。

有名なインターネットラジオとしてradikoラジオクラウドが挙げられます。
また、プロから直接学ぶ音声メディア『VOOX(ブックス) 』や、ホリエモンが立ち上げたプロフェッショナル同士の雑談を楽しめる『ZATSUDAN』などの新しいサービスも登場しています。

ラジオを聴取するデバイスの広がりにより、全体的にラジオを聴取する年齢層が幅広くなっています。radikoでの音声広告の出稿にご興味がある方は、『radiko(ラジコ)オーディオアド』にて資料をダウンロードできます。

分類2.オーディオブック

オーディオブック(audible, google play books, audiobook)

オーディオブックは、本を朗読した音声を聞く事ができるサービスで耳で読書を楽しむことができます。
有名なものとしてAudible(オーディブル)audiobook.jpLibriVoxなどが挙げられます。

分類3.音楽配信サービス

音楽配信サービス(spotify, awa, apple music, line music, amazon music)

月額課金や単発の音楽を音楽を楽しむことのできる音楽配信サービスも音声メディア・音声コンテンツの一部です。音楽ストリーミングサービスと呼ばれることもあります。

SpotifyやAmazon Musicなどの一部の定額音楽配信サービスでは、ポッドキャストとして配信されるコンテンツも聴けるようになっており。音楽と境い目のない音声番組を楽しむことができるようになってきています。

することで、代表的なものとしてApple MusicSpotifyAmazon Musicなどが挙げられます。その他にAWAなどの国産サービスも多数存在しています。

Spotifyのようなストリーミングサービスでも広告出稿できます。Spotifyでの音声広告の出稿にご興味がある方は、『Spotify音声広告配信サービス』にて資料をダウンロードできます。

分類4.ポッドキャスト

ポッドキャスト(Apple Podcasts, amazon music, Spotify, Google Podcasts, castbox)

ポッドキャストとは、音声コンテンツをRSSフィードを通してインターネット上に公開する仕組みです。様々なエピソードや番組をインターネットを通して聴取することができ、配信されている内容も英会話やニュース、ドラマなど多岐に渡ります。
ポッドキャストは、世界全体で利用者が増加しており、米国の音声広告市場を拡大する要因の一つとなっています。

ポッドキャストで配信された音声コンテンツは、ApplePodcastsやGooglePodcasts、Spotify、Amazon Musicなどに配信され、様々な方法で聴くことができるのが特徴です。

また、2021年には大手ラジオ局や新聞社の展開するポッドキャスト番組に広告を配信することができる『ポッドキャストオーディオアド』というポッドキャストアドネットワークに広告出稿ができるようになりました。

分類5.音声配信サービス(音声配信プラットフォーム)

音声配信サービス(voicy, stand.fm, Radiotalk)

音声配信サービスとは、文字通り音声コンテンツを配信できるサービス・プラットフォームです。

複雑な機材を用意しなくてもスマートフォンなどだけで音声配信を行うことができ、リスナーもそのアプリから音声エピソードを聴くことできる点が特徴です。個人だけでなく企業の音声番組を配信するケースも増えてきています。
代表的なものでvoicyRadiotalkstand.fmなどがあります。

分類6.音声SNS

音声SNS(Clubhouse, Spoon, Twitter Spaces)

Clubhouseで注目を集めた音声配信の新しいサービスです。

SNSという名の通り、ユーザー同士のつながりが体験に大きく関係しておりユーザー相互のフォローや配信へ参加のコメントなど、その関係性をベースにしたリスナーの体験が提供されています。

2020年に3月に登場したClubhouseは2021年には時価総額が10億ドル(約1100億円)を突破し、1年立たずユニコーンになったことでも世界的な話題になりました。日本国内でも2021年2月頃にその独特の招待制の仕組みとともに注目をあつめ、日本のMAUは150万人を超えて、米国に次ぐ規模となっています。

音声SNSの代表的なサービスとしてClubhouseや6カ国で展開され、シチュエーションボイスなどでも人気を集める音声配信サービスSpoon(スプーン)、ツイッターの機能であるTwitter Spaces(ツイッタースペース)などがあります。

音声メディア・音声コンテンツの種類

主に日本国内で利用される音声配信サービスの例を紹介していきます。

Podcast(ポッドキャスト)アプリ

Podcast(ポッドキャスト)とは、インターネット上で音声コンテンツを配信し、聴くことのできる方法です。個人や企業も配信することができ、様々なコンテンツ内容のラジオがネット上で聞いたり、ダウンロードできる仕組みなっています。またポッドキャストに配信したコンテンツはRSSフィードを通じて複数のプラットフォームやアプリに配信ができるのが最大の特徴です。以下で紹介するサービスは全て無料で利用することができます。

Apple Podcasts (アップルポッドキャスト)

出典:Apple Podcasts

Apple Podcastsは、Appleが提供するポッドキャストサービスです。
Podcastアプリを通して2千万以上のエピソードを無料で聞くことができます。
パソコンやiPhoneをはじめとする様々な媒体で楽しむことができます。
また、アメリカではAIアシスタントのAlexaと提携しスマートスピーカーで視聴することが可能になりました。

Google Podcasts (グーグルポッドキャスト)

出典:Google Podcasts

Google Podcastsは、Androidユーザー向けの新しいポッドキャストプレーヤーです。
また、2019年8月からGoogleの音声検索にもヒットするようになりました。
以前はPodcastアプリを出していませんでしたが、現在はこのAndroidユーザー向けのアプリをリリースし、GoogleもPodcast界へ力を入れています。

Spotify (スポティファイ)

出典:Spotify

Spotifyでは、2019年6月からグローバルでポッドキャスト番組が聴けるようになりました。
世界のオーディオを1つの場所に、と言うコンセプトを掲げ、今後もポッドキャスト配信に力を入れていく方針のようです。2019年に入ってポッドキャスト制作スタジオ、制作プラットフォームを含む3社ものポッドキャスト関連スタートアップを買収しています。

Spotifyでは細かなセグメントでオーディオ広告をターゲティング配信することができます。Spotifyでの音声広告の出稿にご興味がある方は、『Spotify音声広告配信サービス』にて資料をダウンロードできます。

Spoon (スプーン)

出典:Spoon

誰でも自由に「声」だけで配信・視聴ができる韓国発のラジオアプリです。
2016年3月に韓国にてSpoonラジオをリリース後、累積インストール数が250万件を超えました。その後、2018年4月にSpoonラジオ日本サービスを開始しました。
生配信できるLIVEや既に録音してある音声を聴けるCASTなどがあり、投げ銭システムもあります。
また、音声ライブ配信アプリとして圧倒的な使い心地の良さが評判を得ています。
更に、2018年には日本のSoftbank、米国のGoodwater Capital、韓国のKB Investmentなどから、18億円規模の投資誘致に成功しています。

voicy (ボイシー)

出典:voicy

voicyとは、声をのせて人と思いを届けるボイスメディアとして価値ある情報に触れられるサービスです。厳選されたパーソナリティの100以上のチャンネルを聴けます。
審査に合格した人しか配信することができないため、コンテンツ内容のクオリティは高く、内容も何かに特化したものが多いように見受けられます。
また、審査制ということもあり、エンターテイメントとしてというよりは、勉強になる学べるコンテンツが多くなっています。

Radiotalk (ラジオトーク)

出典:Radiotalk

Radiotalkとは、エキサイト株式会社から生まれた無料の音声配信サービスです。
誰でもスマホ1つで手軽に配信できることが特徴です。
最短5秒で収録ができ、Podcastにも配信できます。
話されている内容に関する「コンテンツ軸」でのレコメンドで始めていたが、機械学習による声の高さや音色などから得られる「音声軸」でのレコメンドも導入されています。
また、個人でも企業でも収益化が可能となっています。

LINE LIVE (ラインライブ)

出典:LINE LIVE

LINE LIVEとは、毎日たくさんの人気アーティストやタレント、声優やモデルが配信していて、無料で視聴できるライブ配信アプリです。ラジオ配信やゲーム配信、カラオケ配信など幅広い配信を楽しめます。また、過去にはレペゼン地球、広瀬すず、EXILE TRIBEなどなど豪華な方々が配信を行ってきています。一般人だけでなく、有名人の配信を楽しめることが大きな特徴でしょう。

REC. (レック)

出典:REC.

REC.とはUUUM株式会社が出している音声配信アプリです。「声」と出会う、「声」でつながるをコンセプトとしていて、簡単な操作で、雑談や、ストーリー、歌などを録音して配信でき、自分自身の番組を作ることができます。

audiobook.jp (オーディオブック)

出典:audiobook

audiobookでは、ナレーターが本を読み上げてくれるため、耳で本を楽しむことができます。
Webサイトでオーディオブックを購入し、スマホアプリやPCなどで再生できます。
基本的にテキストは付属していませんが、場所を選ばずに本を楽しむことができ、音声データをダウンロードすることによりオフラインでも楽しめるのが魅力と言えるでしょう。

こえのブログ

出典:こえのブログ

こえのブログは、声で手軽にブログ投稿ができるAmebaブログの新機能です。
テキストだけでは伝えることが難しかった投稿者の想いを感じとることができ、より近い距離感で楽しめます。
Googleの提供する音声認識技術「Cloud Speech-to-Text」を採用しており、音声入力された内容はテキストに変換されて同時に投稿ができます。
現在は日本語と英語の2か国語に対応していますが、今後も拡大予定だそうです。

himalaya (ヒマラヤ)

himalaya出典:himalaya

himalayaは朗読や語学、ニュースなど様々なコンテンツを聴ける無料音声アプリです。
中国では2017年時点で4億人の登録者数を有していて業界シェア数NO.1を誇る音声プラットフォームの日本版となります。
英語、中国語と日本語でコンテンツを検索でき、50万以上のチャンネルが用意されています。
音声書籍、エンタメ、教養の3つを軸に、幅広い年齢層のスマートフォンユーザーへスキマ時間をより豊かにするためのコンテンツを提供しています。

朝日新聞アルキキ

出典:朝日新聞アルキキ

朝日新聞アルキキは、朝日新聞が提供する音声ニュース。
ベテラン編集者が朝日新聞朝刊から厳選したニュースサマリーをたった5分という短時間で効率的に聴くことができます。
忙しいビジネスパーソンの朝や、効率的に最新ニュースを知りたい方にピッタリです。
更に、昼、夜にも最新ニュースを配信しています。
スマートスピーカーでの配信や、ラジオクラウド、ヒマラヤなどにも提供しています。
※アプリ版は2021年3月29日にサービスを終了していますが、各種ポッドキャストサービスや音声アシスタントにてご利用が可能です。

アルキキの広告出稿にご興味がある方は、『朝日新聞アルキキ 広告クリエイティブセットプラン』にて資料をダウンロードできます。

Audiostart (オーディオスタート)

出典:Audiostart

Audiostartはあらゆる記事を無料で音声化し、マルチプラットフォーム配信ができるサービスです。
さらに音声広告配信システムでマネタイズを支援しています。
2019年12月現在、anna(アンナ)やITmediaNEWSなど、93のメディアが利用しています。

音声メディアの市場規模

国外の音声メディア利用者規模

近年海外で音声メディアが盛り上がっているとは言っても、実際の利用者数の規模はどのくらいなのでしょうか。
Apple Podcastsのダウンロード数とアメリカでのPodcast利用者数のデータから、音声メディア利用者の規模を見ていきます。

Apple Podcastsのダウンロード数推移

Appleによると2018年時点で既に52万以上のプログラムがあり、100以上の言語でのコンテンツを含む1850万以上のエピソードが利用可能だそうです。
そして世界中に広がり、155ヵ国をカバーしています。
更にApple Podcastsのダウンロードとストリーム数をみてみると、2014年には70億だったのが、2016年には105億、2017年には137億に、そして2018年には500億となっています。
これらの情報から、音声メディアは世界的に広がっていて、尚且つ飛躍的な成長を遂げていることがわかります。

アメリカでのPodcast利用データ

アメリカでのPodcastユーザーに関するデータでは、2021年の時点で12歳以上の57%の人が「これまでポッドキャストを聞いたことがある」と回答しています。
また「月間でポッドキャストを聞いている」と答えた人は41%と、2.5人に1人は月間でポッドキャストを利用していることがわかります。
以下のグラフを見てわかるように、数値は上下しつつも全体としてその数は上昇しています。

音声コンテンツの未来とは?音声メディアが切り開く音声市場

国内の音声メディア利用者規模

次に国内での音声メディアの利用者の規模はどうでしょうか。
音楽配信サービスの利用ユーザー推移と音声メディア利用者数から見ていきたいと思います。

音楽配信サービスの利用ユーザー推移

日本国内での音楽配信サービス利用者の数は有料サービス、無料サービス共に年々増加していて2023年には2930万人まで拡大すると言われています。
音楽配信サービスとまとめられていますが、Podcastも音楽も聴けるSpotifyの利用者数もこのデータには含まれています。

音声コンテンツの未来とは?音声メディアが切り開く音声市場

音声メディア利用者数

国内のいくつかの音声メディアの利用者数を見ていきます。

首都圏のラジオ聴取率の調査では、1週間のうちにラジオを聞いた人が54.0%と半分を超える結果になりました。また平均視聴時間は1日1時間45分と、音声メディアのユーザー数が少なくないことがわかります。

音声コンテンツの未来とは?音声メディアが切り開く音声市場

また、インターネットラジオのradikoの月間アクティブユーザー数は2020年6月時点で1000万人とこちらも大きな数になっています。

radiko.jpは、パソコンやスマートフォンでラジオを聴けるIPサイマルラジオサービス。2010年3月15日にサービスを開始。2012年4月の月間ユニークユーザー数が1046万人となり、約2年で1000万人を突破した。
参照元:「radiko.jp」の月間ユニークユーザー数が1000万人を突破

音声メディアの国内市場についてまとめたものは、『音声マーケティング最前線2021(成長する音声コンテンツとデジタル音声広告市場)』から資料をダウンロードできます。

海外の音声メディア動向

日本国外でも音声市場は急激に拡大しており、それに伴い世界をリードする音声メディアが数多く存在します。
なかでもPodcastの伸び率は高く英語圏を中心に音声広告市場が成長しています。

中国最大手音声プラットフォームXimalaya FMの米国法人は、投げ銭機能を導入し配信者へ収益が還元する形を取っています。
その他にもStitcherPocket CastsOvercastCastboxAcastなど多くのサービスがあります。

ポッドキャストや音声コンテンツに関係する大型調達が行われていたり、Spotifyが大手ポッドキャスト会社Gimlet Mediaやポッドキャスト配信アプリを手掛けるAnchorを買収するなど、世界では大きな動きが見られます。
更にソニーミュージックが新規事業としてポッドキャストに本格的に参入しようと、社内に新組織を設立しています。このように音声メディアや音声コンテンツ業界が更なる成長を遂げようとしています。

アメリカでの音声広告市場

2016年~2020年の音声広告による広告収入の推移を米IAB社が発表しています。

※広告収入(Advertising Revenue)とは、媒体が広告を掲載して得る収入のこと。

アメリカの音声広告市場規模

2016年の音声広告による広告収入は11億ドルですが、2017年には66%増の18億ドルに増加しています。2018年はさらに23%増加し年間約22億ドルに、2019年は21%増で27億ドルに、2020年では13%増で30億ドルに成長しています。引き続き音声広告への広告出稿は増えていくと考えられます。

このことから、音声メディア市場の成長も予想されます。

音声メディアと音声広告

音声コンテンツや音声メディアへの注目が集まり、そういったサービスのユーザー数も右肩上がりになっていくことが期待されます。

こうした中で、音声メディア内で再生される音声広告の価値も高まっていくことが予想されます。

国内、海外ともに現在急成長中の音声広告市場の最新情報について、『音声マーケティング最前線2021(成長する音声コンテンツとデジタル音声広告市場)』というレポートに市場とその動向をまとめています。

音声広告の特徴や効果、市場規模、海外のポッドキャスト広告市場動向、国内ポッドキャストユーザー調査など音声広告について興味のある方はぜひ参考にしてみてください。


Spotify音声広告配信サービス
 

このテーマに関するよくある質問はこちら

音声メディアや音声コンテンツにはどのような種類があるの?

音声コンテンツサービス(音声メディア)、音声配信プラットフォーム、ポッドキャストアプリ、音楽配信サービス、オーディオブック、音声SNSなど6~7種類ほどに分類することができます。最近では『Clubhouse』に代表される音声SNSが注目を集めています。

具体的な国内の音声メディア・音声コンテンツのサービスやアプリは?

国内音声コンテンツサービスの代表格としてはインターネットラジオアプリである『radiko』、音声配信プラットフォームとしてはVoicyや、Radiotalk、stand.fm、Himalaya、Recなど複数の国産サービスが挙げられます。特に音声配信サービス(プラットフォーム)では複数のサービスが登場しています。音声メディアについては国内においても15種類以上あり、本記事の中で具体的にご紹介しているので参考にしてみてください。

国内の音声市場はどれくらい?

音声市場は、大きくデジタル音声広告市場と呼ばれる広告市場と、リスナーが課金するタイプの2つの市場に分類することができます。前者のデジタル音声広告市場については、2025年には420億円市場と言われています。後者のリスナー課金型の市場についてはまだ明確なデータが存在していませんが、リスナーが投げ銭(チッピング)するタイプの音声SNSであるSpoonなどでは、世界年間流通額が2019年で48億円以上と、その翌年には更に成長しているとされていることから大きく成長していくことが予想されます。

音声広告市場については、『音声マーケティング最前線2021(成長する音声コンテンツとデジタル音声広告市場)』というレポートに市場とその動向についてまとめています。

デジタル音声広告についての
資料を無料ダウンロード

デジタル音声広告ではABテストやターゲティング
などデータドリブンな音の広告運用が可能です。

・spotifyオーディオアド運用
・デジタル音声広告の市場規模
などの資料を無料でご提供しています。