デンソーが名鉄百貨店で開催するGenerative-AI-Robot Technologyデモイベント。小型ロボットが接客と商品提案に挑む


デンソーは、名鉄生活創研の協力のもと、名鉄商店(愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番4号、名鉄百貨店本店 メンズ館1F)において、生成AIを活用した、デンソー開発のロボット制御技術「Generative-AI-Robot Technology」のデモイベントを、2024年1月13日(土)と14日(日)の2日間限定で行うということです。本イベントでは、Generative-AI-Robot Technologyを使用したロボットが、店頭にて販売員として人と一緒に働きながら接客を行うとしています。

デンソーが名鉄商店で開催するGenerative-AI-Robot Technologyデモイベント。小型ロボットが接客と商品提案に挑む

引用元:デンソー、生成AIを活用したロボット「販売員」が 人と一緒に働くデモイベントを開催

生成AIや音声合成によるロボット制御技術を開発

Generative-AI-Robot Technologyは、通常のプログラムに基づく従来のロボット制御技術とは異なり、生成AIや音声認識、音声合成技術を駆使して柔軟に対応することが可能となります。これにより、ロボットが事前に想定されていない状況にも効果的に対応できるようになっています。デンソーはこの技術を用いて、名鉄商店にて小型ロボット「COBOTTA」を活用し、販売員としての接客や商品提案を行うということです。

Generative-AI-Robot Technologyの特徴

この技術の特長は、ロボットが人との自然な会話を通じてコミュニケーションを図るだけでなく、商品知識を活かしたアドバイスや、ロボットアームを駆使した動作判断も行う点にあります。Generative-AI-Robot Technologyは、日常の様々なシーンでの利用が期待されており、今後人々との対話が求められる状況での実用性が高まっていくと考えられます。

名鉄商店のイベントでは実際に接客や商品提案も

デモイベントでは、Generative-AI-Robot Technologyを搭載したCOBOTTAが名鉄商店のお土産コンシェルジュと共に、お客様に対して接客や商品提案を行います。商品に関する情報と地域に根ざした知識を組み合わせ、一層質の高いサービスを提供するということです。

デンソーは、モビリティ領域だけでなく、Generative-AI-Robot Technologyなどの製品や技術を通じて、人々の幸せに貢献していくとしています。今後も新たな価値の創造と社会の発展に向けて積極的な取り組みを続ける姿勢です。

イベント詳細

  • 開催日時: 2024年1月13日(土) 10:00~20:00、14日(日) 10:00~18:00
  • 開催場所: 名鉄商店(愛知県名古屋市中村区名駅1-2-4 名鉄百貨店本店 メンズ館1F)
  • デモ内容: ロボットによる接客対応や商品販売、試食品提供

COBOTTAとは

COBOTTAはデンソーウェーブが開発した協働ロボットで、小型かつ柔軟であり、人間と共同作業が可能です。産業や研究分野において組み立てや検査などのタスクで活躍し、使いやすさとプログラミングの容易さが特徴となっています。COBOTTAは生産性向上や効率化を促進し、様々な業界で人とロボットが協力して作業する環境を提供しています。

引用/参照元:デンソー、生成AIを活用したロボット「販売員」が人と一緒に働くデモイベントを開催


AMI(エイミー)

イベントイメージ画像の机の上に、SNSでも話題になった例のハンコマシーンの姿も...。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加