Bluetoothの新機能「オーラキャスト」とは。会場や複数人での音声体験に革新を起こす新技術


先日、ラスベガス・コンベンション・センターで開催されたCES 2024では、自動車やホームエンターテインメントの技術革新からセキュリティやロボット工学の新成果まで、驚くべき技術が次々と登場しました。その中で注目を集めているのが、Bluetooth Special Interest Group(SIG)が主催するThe Auracast Experienceで披露された「Auracastブロードキャスト・オーディオ」です。

Bluetoothの新機能「Auracast」が発表。高音質で革新的なオーディオ体験を提供する

引用元:BLUETOOTH BLOG_The Best Bluetooth
Experience at CES 2024

「Auracastブロードキャスト・オーディオ」とは

Auracastブロードキャスト・オーディオ、通称「オーラキャスト」は、対応送信デバイスから複数の受信デバイスに音声を放送できる新しいBluetooth機能です。この革新的な技術は、スマートフォン、ラップトップ、テレビ、パブリック・アドレスやサウンド・システムなど、様々なデバイスで利用可能で、ヘッドフォン、スピーカー、イヤフォン、補聴器などで受信することができます。

The Auracast Experienceでは様々なシナリオデモを通して新機能を体験

The Auracast Experienceでは、オーラキャスト対応のスマートフォン、スピーカー、補聴器、イヤホンなどを集めた製品事例が展示されました。参加者はオーラキャスト対応イヤホンとAuracastアプリを利用して、様々な活用シミュレーションを体験することができました。オーラキャストを活用して、空港での到着から移動、国際会議で基調講演を聴くなど、オーラキャストの優れた音質や遅延のないオーディオ体験を理解するための事例も紹介されていました。

オーラキャスト活用することで、下記のようなことのを実現することができます。

  1. スポーツバーにあるテレビの音声を自分のイヤホンで聞く
  2. PCやスマートフォンからの音声を複数人で共有し、それぞれのイヤホンで再生可能
  3. 空港の音声アナウンスを、自身の搭乗口に関連する情報だけイヤホンで聞く
  4. 大型の会場での講演も自身のイヤホンで。言語の選択も可能に

シチュエーション例1. スポーツバーにあるテレビの音声を自分のイヤホンで聞く

オーラキャストを使用すると、スポーツバーにあるテレビの音声を自分のイヤホンで聞くことができます。スポーツバーで複数のテレビがさまざまなスポーツを表示している場合、それぞれの解説を聞くことは難しいことがあります。

参加者はスマートフォンのオーラキャストアプリを使用して好きなテレビを選ぶことで、オーラキャスト対応のイヤホンで音声を聴くことができるようになります。この機能はスポーツバーに限らず、病院の待合室や体育館、電車内などの様々なシーンで無音となっているテレビで展開できるため、視聴体験を向上させる理想的な環境が整えることができそうです。

Bluetoothの新機能「Auracast」が発表。高音質で革新的なオーディオ体験を提供する

引用元:BLUETOOTH BLOG_The Best Bluetooth
Experience at CES 2024

シチュエーション例2. PCやスマートフォンからの音声を複数人で共有し、それぞれのイヤホンで再生可能

オーラキャストを使うと、友人や家族とオーディオを共有し、同時に動画や音楽を聴くことができます。空港のラウンジで同僚と一緒にノートパソコンで映画を視聴したり、別の同僚のスマートフォンで音楽を聴くといった体験が実現可能です。これらの招待はAuracastアプリ経由で同時に受け取っており、参加者が視聴可能なオーラキャストの放送をWi-Fiを選ぶような感覚で自分で選択することで、直接イヤホンにストリーミングされるということです。

シチュエーション例3. 空港の音声アナウンスを、自身の搭乗口に関連する情報だけイヤホンで聞く

対応空港にて、スマートフォンのAuracastアプリを使用して、搭乗口に関連するオーラキャストの放送を受信する設定にしていれば、パブリック・アドレス・システムで共有されている重要な情報を直接ヘッドフォンで受信できます。これにより、映画や音楽を楽しみながらも、自身に関連のある空港のアナウンスを見逃す心配がありません。

シチュエーション例4. 大型の会場での講演も自身のイヤホンで。言語の選択も可能に

大型の会場での講演も自身のイヤホンで聞くことができるようになります。その公演がオーラキャストをサポートするように設定されていれば、参加者は講堂のどこに座っていても、自分のイヤホンで、最高音質の音声を最適な音量で聴くことができるます。また、会場では多言語オプションが提供されていたため、参加者は英語または中国語のどちらかを選択して講演を聴くこともできるということです。

今後の展開

オーラキャストは、空港や病院の待合室、体育館、電車内など、あらゆる場所で利用が広がっていくと考えられます。また一方、個人的な音声共有では、招待状を持つ人だけが参加でき、プライバシーが確保されつつも、複数の人が同時に同じ音声を楽しむことができるというメリットもあります。

この機能は、補聴器を使用する人々にとっても非常に有益であり、聴覚アクセシビリティを大幅に向上させるということです。この革新的な技術が市場に本格投入されることで、音声体験の新たな時代が幕を開けるといえそうです。

Bluetooth Special Interest Group(SIG)とは

Bluetooth技術の標準化と普及を促進するために設立された団体で、2022年には世界中で38,000社を超える企業がBluetooth SIGに加盟しています。これらの企業がBluetoothの仕様書を策定し、新しい機能の開発や改良を進め、相互運用性を推進したり、製品のライセンスを管理したりしています。彼らの活動により、Bluetoothはワイヤレス通信において広く使用され、多様なデバイスの接続が実現されています。

参照/引用元:BLUETOOTH BLOG_The Best Bluetooth Experience at CES 2024


AMI(エイミー)

この機能がいろんなデバイスに搭載されると、音声体験が根本から変わるね!ワクワク。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加