Criteoの調査より、日本のマーケターのデジタル広告におけるAI活用とその影響が明らかに


フランス発のインターネット広告企業、Criteo(クリテオ)が、「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」を発表しました。この調査は、企業でデジタル広告業務に関わる20〜60代のマーケター500人以上を対象としたものです。サードパーティークッキーの廃止に関して、対象者のうち約6割強が困惑しており、その9割が廃止後のAI活用の重要性を感じていることが明らかになりました。

Criteoの最新調査より、日本のマーケターが注目するデジタル広告の未来が明らかに

調査からみる、マーケターの期待や課題

テックパートナーとの関係において重要視していること

テックパートナー/プラットフォームに対する期待は高く、特に「費用対効果」については65%が「とても期待する」と回答しています。さらに、高度なAI活用が期待されており、「分析・レポート」「最適なオーディエンスへのリーチ」に対しては9割強が期待を寄せているということです。

生成AIの導入状況と期待していること

生成AIの活用意向・導入状況は進行中が7割近くで、「進めているが、さらなる議論が必要」が最も高い結果となりました。またそのうち、生成AIを導入するマーケターの7割が、「テキスト生成」「画像生成」業務において活用を期待しているとのことです。生成AIの活用に対して、「作業時間の短縮」「業務の効率化」「人材・コストの削減」を期待しているという回答が9割超えています。

2024年のサードパーティクッキー廃止について

サードパーティークッキーの廃止に対して、回答者の6割強が困惑しており、その中で9割がAI活用の重要性を認識しているとしています。

今後更なるAI技術活用によるアプローチが大切に

Criteoはサードパーティークッキーの廃止に対応するために、AI技術を積極的に活用し、AIエンジンの研究開発に注力しています。

変化の激しいデジタル広告業界において、Criteoの調査結果は私たちに重要な示唆を与えています。Criteoはこれからも技術開発への投資を続け、ユーザー起点の機械学習モデルの構築に注力する見込みです。

Criteoとは

Criteoは、フランス発のデジタル広告テクノロジー企業です。ユーザーのオンライン行動を分析し、個別の興味や嗜好に基づいてパーソナライズされた広告を提供します。リアルタイムなデータ処理と機械学習を活用し、効果的な広告キャンペーンの展開を支援しています。

参照/引用元:Criteo、「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用と その影響に関する意識調査」を発表


AMI(エイミー)

広告領域で生成AIをすでに導入している企業は何割くらいなんだろうね。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加