ビットコインのAlbyと仏ポッドキャストホスティングのVodioが連携を発表。変化するポッドキャストのマネタイズ


ビットコインの決済事業などを行うAlbyが、フランスのポッドキャスティングホスティングサービスVodioとの連携を発表しました。この連携により、ポッドキャスターはリスナーから直接、金銭的な支援などを受け取ることができるようになるとのことです。

AlbyとVodioが連携を発表。ポッドキャスト2.0で変化するポッドキャストのマネタイズ

引用元:Vodio - Podcasting 2.0 Monetization

Vodioは制作、配信などの支援を通してポッドキャスト配信者の支援を行っています。特に、同社はポッドキャスティング2.0の技術を採用しており、リスナーが価値を感じたコンテンツに対し等価で金銭的支援を行うという「Value 4 Value」の概念を推進しています。

連携の目的

前述したポッドキャスティング2.0では、「<podcast:value>タグ」を挿入することでリスナーがお気に入りのポッドキャストをサポートすることができます。また実際の支払いはビットコインの小規模取引として実行されますが、この取引はライトニングネットワークという送金方法を用いて行われているとのことです。Albyはこうした中で、同社の技術を用いてファンがポッドキャスターに送金したり、ポッドキャスターが収益化したりするのをサポートしていく模様です。

ポッドキャスト市場の構造変化に注目

ポッドキャスティング2.0は従来のポッドキャストよりも、配信の仕組みや収益方法の透明性が確保されており、制作者とリスナーがよりインタラクティブな関係になることができます。今後、AlbyとVodioの連携のようなケースが増えることで、ポッドキャストの市場構造などが大きく変化する可能性もあります。ポッドキャスティング2.0をめぐる今後の動きに目を向けていく必要があるといえそうです。

ポッドキャスト2.0とは

ポッドキャスト2.0は、拡張された機能や標準によりポッドキャスト体験を向上させる取り組みです。新しいタグ、インタラクティブな機能、クリエイターサポート、分散型ディレクトリなどが含まれ、リスナーと制作者の間でより豊かなコミュニケーションと新たな収益モデルを提供します。blubrryが説明するページなどからのその概要に触れることが出来ます。

参照元:Vodio - Podcasting 2.0 Monetization


AMI(エイミー)

2.0とか3.0とか3.5とか、そういう数字を最近よくみかけるな…

ポッドキャスト国内利用実態調査2022

日本国内におけるポッドキャストの利用状況とユーザーへの理解を深めるために、 株式会社オトナルと株式会社朝日新聞社が共同で調査を行っています。

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加