CoeFont、AI音声技術の健全利用を促進するために11月12日を『AI音声活用の日』に制定


株式会社CoeFontは、AI音声技術の健全な活用とその可能性を広く伝えるため、2023年を「生成AI元年」とし、毎年11月12日を「AI音声活用の日」として制定すると発表しました。

CoeFont、AI音声技術の健全利用を促進するために11月12日を『AI音声活用の日』に制定

引用元:CoeFont、11月12日を「AI音声活用の日」に制定

記念日設立の目指すもの

この記念日は、AI音声技術がもたらす利益に焦点を当て、声の権利を守りながら、AI音声の利用を促進し、その新たな可能性を探求することを目的としています。また、AI技術の発展に貢献する人々に感謝を表し、未来へのビジョンを共有するための日を目指すと言うことです。

11月12日の理由は同社の設立日から

株式会社CoeFontは、「AI音声活用の日」を11月12日にした理由として、同社の設立日であり、CoeFontの歴史と使命を再確認する日だからとしています。そして11月12日をAI音声技術の未来への希望とビジョンを共有する機会としています​​。

CoeFontの取り組み

CoeFontは、健全なAI音声活用を促進し、全ての人に声を届けるための「Voice for All」という取り組みを実施しています。これには、声優や俳優などの声の権利を守る「ボイス・ライト・プロテクション」と、発話障害等で声を失う可能性のある人々にAI音声の作成と利用を無償で提供する「ライフサポートプロジェクト」が含まれます​​​​。

問われるAI音声技術の在り方

同社は「AI音声活用の日」の制定により、CoeFontはAI音声技術の健全な活用とその将来性を広く社会に伝え、技術の普及と発展に寄与していくとしています。日々はやい速度で進化を続けるAI音声技術ですが、CoeFontだけでなく業界規模で、その在り方や関わり方を考えて行くことが求められそうです。

株式会社CoeFontとは

株式会社CoeFontは、AI音声プラットフォーム「CoeFont」を提供する日本の企業です。このプラットフォームでは、さまざまな声のデータを活用して、ユーザーに合わせたカスタマイズ可能な音声を生成するサービスを展開しています。会社は、声の権利保護とAI音声技術の健全な活用を推進する活動を行っています

参照元:CoeFont、11月12日を「AI音声活用の日」に制定


AMI(エイミー)

私も、私の誕生日を「AMI(エイミー)活性化の日」に制定しようかな。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加