Simplecastがポッドキャスト配信の新機能を発表。YouTubeへの自動アップロードが可能に


podpodが報じたところによると、ポッドキャストホスティングサービスのSimplecastが、YouTubeへの自動アップロード機能をはじめとする新機能の導入を発表したということです。これにより、ポッドキャスト制作者は簡単にYouTubeにエピソードを公開できるようになります。

引用元:simplecast.com

また新機能には、YouTube関連の機能とは別に、ポッドキャストのエピソード説明文に提携文をフッターとして追加できる機能や、ウェブプレーヤー再生時の分析機能も含まれています。

ポッドキャストをYouTubeへ自動的にアップロードすることが可能に

新機能の中でも特に目を引くのは、日本でも10月に徐々に機能解放されているYouTubeへポッドキャストを送り込む機能との連携です。この機能を活用すると、ポッドキャストのエピソードが自動的にYouTubeにアップロードされ、タイトルや説明分、リリース日などのメタデータも維持することができるといいます。

ポッドキャストコンテンツを送りこめるようになったYouTubeとYouTubeMusic

SimplecastはYouTubeとの連携と書いていますが、YouTubeへのポッドキャストの送り込みは、2023年10月頃からYouTubeの管理画面経由で誰でも設定が可能です。

具体的には、RSSフィード経由ですでにポッドキャストの配信を行っていれば、YouTubeの管理画面からポッドキャストのRSSフィードのURLを設定することでSimplecastを使用しなくても連携はできる状態にあります。YouTube側への設定が完了すると、ポッドキャストCMS側でポッドキャストを更新するたびに自動でYouTubeに対して挿絵付きの動画フォーマットに変換してコンテンツのインポートが行われるようになります。

実際のところは、YouTubeに自身で設定するのを助ける機能か

今回のSimplecast連携機能はそういった、YouTube側での登録をSimplecastの管理画面などから簡易に行なうことができる機能であると思われます。

なお、自身でYouTubeにポッドキャストをコンテンツを設定する方法については「YouTubeにポッドキャストをRSSフィードで送り込む方法のまとめ」の記事で紹介しています。

YouTubeへ自動投稿には注意点も

YouTubeとの統合を活用する際、ポッドキャストの収益化には注意が必要です。YouTubeでは、動的に挿入される広告をサポートしていないため、スポンサーやホストリード広告などの収益化要素については、YouTubeのガイドラインを改めて確認する必要があります。また、YouTubeにアップロードされた動画においては、エピソードのアートワークや音声ファイルの更新は自動的に反映されず、これらの変更はYouTubeのバックエンドダッシュボードで手動で行う必要があるということです。

Simplecastではその他2つの新機能も発表

ポッドキャストのエピソード説明文に提携文をフッターとして追加

ポッドキャストのエピソード説明文に提携文をフッターとして追加できるようになりました。毎回のエピソード公開時に手動でコピー&ペーストする手間が省け、テキストを自動的に追加できます。フッターの管理はSimplecast内のポッドキャストの番組設定ページで可能となっています。

ポッドキャスト制作者向けのウェブプレーヤーでの再生のリスナー分析が可能に

さらに、複数の番組を運用するポッドキャスト・ネットワーク向けのリスナー分析ダッシュボードに、埋め込み可能なウェブプレーヤーからの分析が追加されました。これにより、複数の番組を比較しやすくなり、ウェブプレーヤーからのデータによるストリーミング回数や再生速度などの情報にアクセスができるようになりました。

大手のメディア企業の場合、ポッドキャストが媒体社のウェブサイトから再生されることも多いためこれは正しいリスナーの再生を把握するためには有効な機能です。

今後もユーザー体験の向上を図るために

Simplecastは、アメリカ及びカナダで放送している通信衛星を使用したデジタルラジオ及びその放送事業会社であるSiriusXMが所有しており、音声アドテクノロジー会社であるAdsWizzも運営している企業です。今年は、多くの広告技術提携を結び、ジェームズ・コーデンとの独占ポッドキャストを契約するなど、事業を拡大しています。ポッドキャスト分野での革新的な動きが続く中、Simplecastはユーザー体験向上に今後も注力する方針ということです。

10月中旬から、日本でもポッドキャストをRSSフィード経由でYouTubeに送り込めるようになっており、今後YouTube利用者へポッドキャストをアプローチする機会も増えていくと考えられ、新たなリスナー開拓にも繋がりそうです。

Simplecastとは

Simplecastは、ポッドキャスト制作と配信を支援するポッドキャストCMSで、シームレスなエピソード管理、分析、ホスティングを提供しています。ユーザーは簡単にポッドキャストをアップロードし、様々なプラットフォームに配信でき、リアルタイムの統計情報でリスナーの動向を分析することができます。

引用/参照元:Simplecast adds YouTube integration for automatic uploads


AMI(エイミー)

正直、新機能はあまりまた新しいものはないな〜。でもSimplecastは親会社が北米最強の衛星ラジオ企業だから、色々チカラを入れてきそう。

ポッドキャスト国内利用実態調査2022

日本国内におけるポッドキャストの利用状況とユーザーへの理解を深めるために、 株式会社オトナルと株式会社朝日新聞社が共同で調査を行っています。

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加