ワイヤレスイヤホン・ヒアラブル市場、2033年には現在の5倍の市場規模になる見込み


調査会社Persistence Market Researchはワイヤレスオーディオデバイス市場が、2023年から2033年にかけて年平均成長率19.1%で拡大し、市場規模は約473億ドルに達するとの予測を発表しました。

ワイヤレスオーディオデバイス市場、2033年には現在の5倍の市場規模になる見込み

この市場は2022年の時点で約72億ドルであり、2023年には85億ドルに達すると見込まれています。ワイヤレスヘッドホン、イヤホン、スピーカーなどの製品が市場を牽引しています。これらの製品の中には、ヒアラブルデバイスなどと呼ばれるものも含まれます。

成長の要因と課題

Bluetooth 5.0、トゥルーワイヤレスステレオ(TWS)技術、アクティブノイズキャンセリング(ANC)技術、音声アシスタントなどの統合による性能向上が、市場拡大に大きく貢献している模様です。一方で、高性能化によるバッテリー効率の問題なども生じており、こうした技術ハードルを乗り越えられるかが今後の成長の鍵となります。

市場拡大への影響に注目

今後、ワイヤレスオーディオデバイス市場は非常に大きな成長を見せる見込みがあるとのことですが、こうした音声デバイスの普及によって、音声コンテンツ市場も拡大していく可能性があります。音声ストリーミングやラジオ、ポッドキャストなどの音声メディアがさらに多くの人々に利用されるかどうかは、ワイヤレスオーディオデバイスの普及と強い相関があるといえるでしょう。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)とは

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、外部のノイズを低減する技術です。マイクを使用して周囲の音を検知し、逆位相の音波を生成してノイズを打ち消します。これにより、周囲の騒音を大幅に減らし、音楽や通話をクリアに聴くことができます。特に公共交通機関など大きな音がなっているような場所での使用に有効で、静かな環境を作り出すことが可能です。ANC技術は、ヘッドホンやイヤホンに広く採用され、快適なオーディオ体験を提供するために欠かせない技術となっています。

参照元:Wireless Audio Device Market Projected to Achieve Robust Growth with a 19.1% CAGR, Surpassing US$ 47,378.8 Million by 2033 | Persistence Market Research


AMI(エイミー)

イヤホンのコードが絡まってた頃が懐かしいね。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加