キングレコードが音声に特化した新サービス「ききがたり」を発表。アニメイトと連携


キングレコードは、音声コンテンツ配信サービス「ききがたり」を2024年春にリリースすると発表しました。

キングレコードが音声に特化した新サービス「ききがたり」を発表。アニメイトと連携

引用元:キングレコード×アニメイト 音声コンテンツ配信サービス「ききがたり」をリリース

音声コンテンツ配信サービス「ききがたり」とは

アニメイトとタッグを組んだ「ききがたり」は、本サービス内でしか聴くことができないオリジナルコンテンツからレアなドラマCD音源まで、幅広いラインナップが魅力的なサービスです。利用形態は、作品ごとの都度課金型となるとのことです。

第1弾のラインナップ

キングレコードが音声に特化した新サービス「ききがたり」を発表。アニメイトと連携

引用元:キングレコード×アニメイト 音声コンテンツ配信サービス「ききがたり」をリリース ©Sphere/奥小染町内会 ©GoRA・GoHands/k-project ©ノエルジャパンエージェンシー

第1弾ラインナップとして、「K」シリーズの「学園K」 Drama CD や、「ヨスガノソラ」の添い寝 CD 、そして「少年ハリウッド」シリーズのドラマCD などの作品が予定されています。

同時に、アーカイブアニメ作品の『デジタルセル』も解禁

「ききがたり」の公開と同時に、キングレコード製作のアーカイブアニメ作品のデジタル映像ダウンロード販売を解禁することも発表されました。従来の見放題や都度課金型のサービスとは異なり、期間無制限のダウンロード形式となります。

第1弾ラインナップには、90年代の名作アニメ作品が中心になる予定であり、中には初配信化となるレア作品も含まれるということです。

キングレコードが音声に特化した新サービス「ききがたり」を発表。アニメイトと連携

引用元:https://king-cr.jp/digitalsell/

各配信サービスにてサービス開始

「デジタルセル」の配信も、2024年春の開始を予定しており、Amazon Prime Video、DMM TV、MIRAIL、ビデオマーケットなど各種配信プラットフォームで提供されます。

デジタル化の進む音声コンテンツ

様々な音声コンテンツが台頭する中、キングレコードとアニメイトの連携により、アニメジャンルの新たな音声コンテンツサービスが誕生しました。既存のコンテンツのデジタル対応によって、より多くのユーザーとの接点創出に期待ができます。

今回の音声コンテンツ配信サービスを皮切りに、音声分野における同社のさらなる取り組みに注目していきましょう。

キングレコードとは

キングレコードは、音楽や映像をはじめとした様々なコンテンツ事業を展開する総合エンタテインメント企業です。1931年5月に創業され、高品質にこだわったコンテンツ制作を手掛けています。特にアニメ作品には定評があり、アニメ業界内で影響力のある企業のひとつです。

参照/引用元:キングレコード×アニメイト 音声コンテンツ配信サービス「ききがたり」をリリース/アニメ作品の『デジタルセル』解禁/「KING AMUSEMENT CREATIVE Anime Histoleap」開催決定/「ききがたり」リリース&「デジタルセル」解禁発表イベント開催決定


AMI(エイミー)

CDを見たことない子供も、もうたくさんいるんだろうな。

マーケター必見。国内外のデジタル音声市場の最新レポート
『音声マーケティング最前線2023』をチェック!

音声マーケティング最前線2023 音声マーケティング最前線2023 音声マーケティング最前線2023

世界の企業による音声コンテンツの活用状況から
音声マーケのトレンドまで、
全29ページの資料にまとめています。

無料で資料をダウンロードダウンロード アイコン
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加