大日本印刷がCookieを使わずターゲティングを行う広告サービスを提供開始。VaticAIと連携


大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、シンガポールのVaticAI(バーティックエーアイ)社と連携し、2023年10月26日(木)からサードパーティークッキー(Cookie)に依存しないターゲティング広告の配信・分析サービスを提供します。このサービスは、クッキーを使わず、検索キーワードに基づいてターゲティングを行う日本初の取り組みです。

大日本印刷がクッキーを使わずターゲティングを行う広告サービスを提供開始。VaticAIと連携

引用元:日本初!クッキーに依存しない、推定した検索キーワードに基づくターゲティング広告を提供

クッキー(Cookie)の利用規制の課題

プライバシー保護のためにクッキーの利用が規制されつつあり、2024年後半には完全に廃止される予定です。この状況から、クッキーに依存しない広告サービスが求められています。コンテクスチュアル・ターゲティング広告は一つの解決策として注目されていますが、Webサイト来訪者の属性を考慮に入れたターゲティングに課題があるとされています。

クッキーを使わない新サービスを提供

DNPはVaticAI社のサービスを活用して、広告と関連性の高いWebサイトを選び、広告に興味を持ちやすい来訪者をターゲティングすることができる、広告配信のサービスを開発しました。

特徴1:ターゲットとなる可能性の高いWebサイトを選別

VaticAI社はWebサイトの意図を解析し、検索キーワードを推定するアルゴリズムを用いて、広告と親和性の高いWebサイトを選定します。

特徴2:広告に対して行動を起こしやすい来訪者を選別

本サービスは、広告に興味を持ちやすい属性を持つ来訪者に限定して広告を表示します。これは、属性情報を暗号化してIDを作成し、類似の属性を持つID群(コホート)を活用することで実現します。

特徴3:広告料金の発生条件

広告料金は、来訪者が広告をクリックした後、10秒以上広告主のWebサイトに滞在した場合にのみ発生します。これにより、広告主は高い見込みの来訪者に費用を使うことができます。

新たな広告ターゲティングの確立に向けて

DNPは、国内にクッキーレスIDソリューションを導入し、2025年までに100億円の売上を目指します。また、デジタル広告ソリューションの開発と新しい顧客データ分析基盤の拡充も進める予定であるとのことです。
この連携により、クッキーを使わずに広告のターゲティングを向上させ、プライバシー保護と広告活動の両立を図る新しい時代の幕開けを迎えることが期待されます。

クッキー廃止に向けたGoogleの動き

サードパーティクッキーの完全廃止は、「2024年後半」とされています。廃止に向けて、Googleは2024年第1四半期までにChromeユーザーの1%をプライバシーサンドボックスに移行させ、対象者のサードパーティcookieを無効にする計画を発表しました。プライバシーサンドボックスは、ユーザーが自身の興味や関心を管理し、個人情報をサードパーティに提供せずに最適化された広告を表示する仕組みです。プライバシーサンドボックスは現在一部のユーザーがβテストに参加している状況です。

参照元:日本初!クッキーに依存しない、推定した検索キーワードに基づくターゲティング広告を提供


AMI(エイミー)

クッキーレスの時代になるとデジタル広告はどうなるの?

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加