米国連邦裁判所、Amazonに対し音声認証技術の特許侵害に関する訴訟で4.67億ドルの支払いを命令


2023年11月8日、アメリカ合衆国のデラウェア州連邦裁判所はAmazonが音声アシスタント技術に関連する特許を侵害したとして、同社に対して4.67億ドル(約530億円)の支払いを命じる判決を下しました。ロイターが報じたこの判決は、テクノロジー企業間の知的財産権に関する重要な訴訟の一つとして注目されています。

米国陪審、Amazonに対し音声認証技術の特許侵害に関する訴訟で4.67億ドルの支払いを命令

Amazonが他社の音声認識技術を不正に使用?

判決によるとAmazonは他社の音声認識技術を不正に使用し、特許を保有する企業の権利を侵害したとされています。この特許は、ユーザーの声を認識し、それに応じて情報を提供する技術に関連しており、アマゾンの人気商品であるスマートスピーカーのAlexaなどに広く使用されていました。

陪審員がAmazonが特許を侵害したと判断したVB Assets(旧VoiceBox Technologies)は、自動車メーカーのトヨタ、クライスラーやGPSメーカーのTomTom、Magellan GPSなどの企業向け音声制御ソフトウェアを開発していました。

Amazonは法的措置を検討か

Amazonはこの判決に対して失望を表明し、さらなる法的措置を検討していると述べました。同社は、使用している技術が既存の特許とは異なると主張しており、判決に異議を唱える可能性が高いと見られています。

業界への影響

この判決は、音声認識技術を巡る特許戦争の新たな局面を示しているといえます。他のテクノロジー企業も、この判決を受けて自社の特許戦略を再考する可能性があると一部の専門家は指摘しており、テクノロジー企業が新技術を開発する過程で直面する法的課題を浮き彫りにしています。

Amazonのスマートスピーカー「Alexa」とは

Alexaは、アマゾンが開発した音声認識技術を基にした仮想アシスタントです。ユーザーの声の命令に応じて情報を提供したり、音楽再生、アラーム設定、スマートホームデバイスの制御など多様な機能を提供します。主にアマゾンのechoというスマートスピーカーに組み込まれており、日常生活の利便性を高めるために幅広く使用されています。

参照元:Amazon must pay $46.7 mln in voice-assistant patent case, US jury says


AMI(エイミー)

たしかにスマートスピーカーの技術は、カー用品やカーナビの技術とは近そうだもんね。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加