AI音声合成技術の市場が急成長中。2032年までに世界市場は119億ドルに達するとの調査結果


Spherical Insights & Consultingの調査によると、2022年に19.5億ドルと評価された世界のAI音声合成技術の市場は、2032年までに119億ドルに達すると予想されています。

AI音声クローン技術の市場が急成長中、2032年までに世界市場は119億ドルに達すると推定

AI音声クローン(音声合成)技術とは

AI音声合成技術とは、機械学習を使用してリアルで自然な人間の声を生成する技術を指します。このレポートの中で「音声クローン」とも記載されているこの技術は、エンタメ業界、音声アシスタント、発話障害を持つ人々への支援など様々な分野で応用されています。しかし、倫理的な側面も問題となっており、不正使用を防ぐための責任ある使用と規制枠組みが必要な技術です。

音声合成が活用される市場と成長の見込み

同レポートでは、音声合成技術がどのように活用されているか、またどの市場での成長が見込まれているかについても記載されています。

メディアやエンタメ業界が市場の中心

メディアやエンターテインメント業界がこの市場の約24%を占めています。映画やゲームなどのコンテンツ作成にAI音声合成技術が活用されています。この技術を活用することで、AI音声合成技術はコンテンツのパーソナライズや没入型体験の創出、映画やテレビ番組などの音声を録音しなおす作業や、異なる地域の視聴者に合わせてコンテンツを調整する作業を、より迅速かつ簡単に行える用になります。

サービス形態はオンプレミスが優位

AI音声合成技術のサービスには、社内のサーバーを用いるサービス(オンプレミス)と、インターネット上のサービス(クラウド)の2種類があります。そのうち社内サーバーを使うオンプレミスが市場シェアの57.2%の大部分を占めています。これは企業が自分たちのデータを直接管理し、セキュリティを維持しておきたい狙いがあると考えられています。

アジア太平洋地域で大きな市場成長見込み

アジア太平洋地域はこの市場において、最も高い成長を遂げると予測されているとのことです。背景にはデジタル化の進展やスマートフォン普及率の上昇と、この地域のエンターテインメントおよびメディア産業の成長があるといいます。

今後の展望と課題

今後、AI音声合成技術の市場はさらなる技術革新と応用範囲の拡大を見せることが予想されます。特に、自然言語処理と機械学習、ディープラーニングの進化に伴い、より人間らしい声の合成が可能になるでしょう。しかし倫理的な課題やプライバシー保護の重要性は引き続き注目されるべき点であり、これらの問題への対応が市場の健全な成長に不可欠です。この技術をめぐる企業間の競争はさらに激化し、製品やサービスの開発が進むことで、市場全体の発展が促進されるでしょう。

国内の音声合成のサービスの例

  • AITalk®: エーアイ社によって開発されたAITalkは、自然で流暢な日本語の音声合成技術を提供します。広告、アナウンス、デジタルコンテンツなど様々な分野で利用されています。
  • VOICEROID: AHSが提供するVOICEROIDは、テキストを読み上げる音声合成ソフトウェアで、個性豊かな声色が特徴です。主に動画制作やナレーションに使用されています。
  • CeVIO AI: クリエイティブ・ボイスが開発したCeVIO AIは、歌声合成と話声合成を可能にするソフトウェアで、アーティスティックな表現が可能です。

参照元:Global Artificial Intelligence Voice Cloning Market Size Worth USD 11.39 Billion By 2032 | CAGR of 19.3%


AMI(エイミー)

生成AIと掛け合わせると、かなり飛躍しそうな市場ではあるよね。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加