Google DeepMindが最新AI音楽生成モデル「Lyria」を発表、口ずさむだけで楽曲作成可能に。YouTubeとも連携。


Google DeepMindは、YouTubeと提携し、最も先進的なAI音楽生成モデル「Lyria」と、Lyriaを用いて音楽を創作する2つの新しいAI実験について発表しました。

Google DeepMindが最新AI音楽生成モデル「Lyria」を発表、YouTubeと提携し創造性の新たな領域を切り拓く

引用元:Transforming the future of music creation

Lyriaモデルはボーカル付きの高品質な音楽を生成

これまでは、人工知能(AI)が魅力的な音楽を生成することは大変難しく、音声の作成よりもはるかに困難であるとされていました。

しかし、今回Google DeepMindが開発したLyriaモデルは、インストゥルメンタルとボーカルを含む高品質な音楽を生成することができるAIであるということです。さらに、生成された音楽のスタイルやパフォーマンスをユーザーが調整することも可能となっています。

YouTubeと提携し、2つのAI実験を実施

YouTubeショートで「Dream track」を試験的に活用

Lyriaを活用できる「Dream Track」というツールを用いると、ユーザーはトピックを入力し、画面に表示されたカルーセルから好きなアーティストを選択するだけで、選んだアーティストのスタイルで歌詞、バッキングトラック、AI生成の音声を同時に生成できるということです。これは現在、一部のクリエイターに向けて、YouTubeショートにて試験的に活用されています。

口ずさむだけで音楽を生成できる音楽AIツールの設計も

Google DeepMindは、YouTubeのMusic AI Incubatorに参加するアーティスト、ソングライター、プロデューサーと協力して、一連の音楽AIツールの開発にも着手しています。

これにより、楽器を演奏することなく、口ずさむだけで、メロディーやホーンラインを作成したり、MIDIキーボードのコードからリアルなボーカル音源への変換などが可能となります。さらに、異なる音楽スタイルや楽器にオーディオを変換することもできるということです。

本ツールの活用によってアーティストやミュージシャンが新たな表現の手段を手に入れ、音楽制作の未来に新たな可能性を切り開くことが期待されています。

これからの音楽制作について

Google DeepMindのLyriaモデルと新しいAI実験は、音楽制作の領域において人工知能が果たす役割に新たな光を当てるものです。これからの展開がますます期待される中、Googleの音楽AI技術は音楽産業全体に革新をもたらす可能性を秘めています。

Google DeepMind とは

Google DeepMindは、CEO Demis Hassabisのリーダーシップのもと、Google BrainとDeepMindの2つの先進的なAIラボが単一の集中チームに統合されたものです。この10年間で、両チームはAI研究において大きな進歩を遂げ、その成果は今日のAI業界の繁栄に寄与しています。Google DeepMindは、世界クラスの人材と優れたコンピューティング インフラを駆使し、次なる研究と革新的な製品を生み出しています。

参照/引用元:Transforming the future of music creation


AMI(エイミー)

AIが作るものと人が作るもの、これからどうなっていくのかな。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加