OpenAI、すべてのモバイルアプリユーザーに音声対話機能の提供を発表


ChatGPTなどの生成AIサービスを提供するOpenAIが、ChatGPT with voiceを無料版ユーザーを含むすべてのモバイルユーザーに提供するとX(旧Twitter)で発表しました。

OpenAI、すべてのモバイルアプリユーザーに音声対話機能の提供開始を発表

ユーザーエクスペリエンスの向上

このアップデートにより、ユーザーはChatGPT のスマートフォンアプリをダウンロードし、ヘッドフォンのアイコンをタップするだけでChatGPTとの音声会話を開始できます。
Xに投稿されているデモユースでは英語でやり取りしていますが、日本語での会話も可能です。筆者が使ったてみた印象としては、入出力ともにかなり精度は高い印象を受けました。入力においては言い直しなどを適切に聞き分けていますし、出力された日本語は少し不自然なアクセントがあったりするものの人間のようなリアルなレスポンスをしてきます。

業界への影響

この動きは、AI技術の進化と普及に大きな影響を与えると予想されます。OpenAIの動きは、技術競争を加速させ、競合他社にAI音声対話や関連分野での研究開発を急がせる可能性があります。特にApple Siri、Google Assistant、Amazon Alexaなど、これらの既存の音声アシスタントサービスは、OpenAIの音声対話能力に対抗するために、自社のAIアルゴリズムとユーザーインターフェースを強化する必要があると言えます。

AI音声技術のこれから

サム・アルトマン氏の解任から復帰など、一連の騒動が続くOpenAIですが、ChatGPT with voiceの提供はユーザーエクスペリエンスの向上、技術革新の追求、市場競争への対応、そしてアクセシビリティの向上をはかる同社の大きな一手とみることができます。

また、今回に発表により、GoogleやAmazonなどの大手企業が提供する音声アシスタント同士の競争がより激化する可能性があります。今後も進化が続いていくとみられるAI音声技術の動向に、注目していく必要がありそうです。

ChatGPTとは

ChatGPTはOpenAIが開発した人工知能ベースの対話型モデルで、自然言語処理を使用してユーザーとの対話を可能にします。このAIサービスは、質問に答えたり、テキストや画像を生成したり、様々なトピックについての情報を提供したりする能力を持っています。ChatGPTは、大量のテキストデータを用いて訓練され、複雑な会話や質問に対応する事ができる点が特徴です。

参照元:OpenAI"ChatGPT with voice is now available to all free users…"


AMI(エイミー)

声で生成AIに指示できるって、本当に人間に仕事依頼するのと同じ体験やん。人生相談でもしようかな。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加