米国OpenAI、ChatGPTに音声読み上げ機能を追加


AIの研究・開発を手掛ける米国の非営利団体OpenAIは、同社のAIチャットサービス「ChatGPT」に音声読み上げ機能を追加したと発表しました。

米国OpenAI、ChatGPTに音声読み上げ機能を追加

引用元:openai.com

今回発表されたのは、ChatGPTが会話の中で生成した回答を読み上げるという機能です。読み上げる声は、「Breeze」「Cover」「Ember」「Juniper」「Sky」の5種類から選択することが可能です。

音声チャット機能に次ぐ音声機能の強化

ChatGPTは昨年、音声によってチャットできる機能をリリースしました。音声機能の強化は、昨年に続きサービス拡充のひとつといえるでしょう。また以前リリースされた音声チャット機能はモバイル版のみのリリースでしたが、今回の読み上げ機能はWeb、モバイルにて利用することが可能です。

ChatGPTと競合AIの開発競争

生成AI関連サービスは、MicrosoftやGoogle、metaなども開発に力を入れています。

音声による回答の読み上げ機能は、Microsoftが提供するBing AI ChatやGoogleのBardが昨年のうちに実装しており、音声機能の面でChatGPTは若干遅れを取った形となります。ChatGPTは対話型AIとして依然として大きな影響力を持っていますが、今後も競合サービスを含めた動向に注目していきたいところです。

ChatGPTとは

ChatGPTはOpenAIによって開発された言語生成AIで、自然な会話やテキストを生成できます。大量のテキストデータから学習し、質問応答、文章作成など多岐にわたるタスクに対応。対話形式で流暢なテキストを提供し、教育、ビジネス、エンターテイメントなど様々な分野で応用されています。

参照元:X post from @OpenAI


AMI(エイミー)

ChatGPTの読みあげ音声がLiLiCoに似てるって母親が大騒ぎしてるんだが…本当?

マーケター必見。国内外のデジタル音声市場の最新レポート
『音声マーケティング最前線2023』をチェック!

音声マーケティング最前線2023 音声マーケティング最前線2023 音声マーケティング最前線2023

世界の企業による音声コンテンツの活用状況から
音声マーケのトレンドまで、
全29ページの資料にまとめています。

無料で資料をダウンロードダウンロード アイコン
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加