Triton DigitalとAmazon Publisher Servicesが統合。Amazon広告で対話型音声広告を強化


デジタル音声アプリやポッドキャストのアドテク企業であるTriton Digital(トライトンデジタル)が、Amazon Publisher Services(APS)との統合を発表しました。この統合により、スマートスピーカーなどのAlexa対応デバイス上のAmazon Ads 独自のインタラクティブ音声広告(声で応答する音声広告)の機能が、Amazon Publisher Services(APS)および Triton Digital の接続されたポッドキャストなどの音声広告枠全体に表示されるようになります。

Triton DigitalとAmazon Publisher Servicesが統合。Amazon広告が新たな領域へ拡大

Triton DigitalとAmazon Publisher Servicesが統合

世界数十カ国に音声テクノロジー提供を行なうTriton Digitalは、Amazon Publisher Services(APS)との統合を発表し、アマゾンDSPの広告主向けにTriton Digitalの接続されたポッドキャストを始めとするプレミアムな音声広告在庫枠へのアクセスを大幅に拡大しました。

Amazonのインタラクティブ音声広告とは

インタラクティブ音声広告は、Amazon Adsが開発したクリエイティブな広告フォーマットで、顧客が楽しんでいるストリーミング音声コンテンツから離れることなく、「アレクサ、もっと情報を送って」のような呼びかけで電子メールやプッシュ通知で詳細情報を要求したり、「アレクサ、リマインドして」のような呼びかけでリマインダーを設定したり、Amazonショッピングカートに商品を追加したりすることができるというものです。

広告主への広告体験とパブリッシャーへの収益強化を実現

この統合により、Alexa対応デバイスに表示されるAmazon Ads独自のインタラクティブ音声広告が、APSとTriton Digitalの共有パブリッシャー全体に表示されるようになり、リスナーに魅力的な広告体験を提供し、パブリッシャーには在庫の収益化を強化することができるといいます。

今後はTriton Audio MarketplaceにもAmazon音声広告を表示

Triton Audio Marketplaceは、月間1,000億以上のオーディオインプレッションを持ち、最大級の音声広告枠へのアクセスを提供しています。この膨大な広告枠とAmazon DSPが提供するAmazon Ads独自のオーディエンスシグナルの組み合わせにより、広告主はより有意義なコネクションを構築することとなり、またパブリッシャーは最先端のソリューションで広告枠の収益化を促進することができるということです。

Tritonデジタルの社長兼CEOであるジョン・ロッソは、次のように述べています。

Amazonは、オーディオ業界を変革する新しい広告フォーマットや配信手段を導入し、広告分野に長期的な影響を及ぼしてきました。APSがTriton Digitalの技術を採用し、シェアード・パブリッシャーにインタラクティブ音声広告を提供することを喜ばしく思っており、私たちはリスナー体験の向上に自信を持っています。

広がる音声広告の可能性

Amazon AdsとKantarが最近実施した調査によると、音声ストリーミングのリスナーは、広告に音声指示が可能な場合、広告に反応する可能性が75%高くなるそうです。Kantarはまた、インタラクティブな音声広告は、標準的な音声クリエイティブと比較して、より高い検討(1.3倍)と購買意欲(2.3倍)を達成したことを明らかにしています。

調査結果からもわかるように、リスナーが嫌悪感なく広告を受け入れることができる手法として、今後改めて音声広告が広がりを見せていくことが予想されます。

Triton Digitalとは

Triton Digitalは、デジタルメディア技術企業で、ラジオ放送、ポッドキャスト、ストリーミングサービスにおけるデジタルオーディオのプラットフォームやソリューションを提供しています。Triton Digitalは、デジタルメディア業界におけるオーディオ体験と広告の向上にも焦点を当てており、放送局や出版社などのクライアントに対して包括的なデジタルメディアソリューションを提供しています。

参照/引用元:Triton Digital Announces Integration With Amazon Publisher Services for Interactive Audio Ads


AMI(エイミー)

つまり、スマートスピーカーと会話してやり取りできる音声広告体験が増えるってことね。

音声マーケティング最前線2023

【市場レポート】
音声マーケティング最前線2023/資料DL

無料で資料をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加